ポールニューマン着用のロレックス デイトナ落札価格

数ある時計ブランドの中でも、最も高い知名度といっても過言ではないブランドロレックス。高い実用性や、巧みなマーケティングで機械式時計においては、所有者は世界一。堅牢性と需要から、中古市場でもその価値は高く資産時計と呼ばれる時計もあるほど。

この資産時計とも呼ばれるロレックスですが、では一番高いロレックスは?と気になった方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そこで、2019年現在までで、最も高値で取引が行われたロレックスからトップ3をご紹介いたします。

時計の査定をご検討でしたら、以下よりご相談ください!
ロレックス買取相場 価格表 | 東京中野のアンティグランデ

1位:ポールニューマンが所有していたロレックスのデイトナ。20億円超えで落札。

2017年10月26日。米ニューヨークのパークアベニューショールームで行われた、フィリップス(Phillips)開催のオークションで、ロレックスのコスモグラフ・デイトナRef.6239(エキゾチックダイヤル)が腕時計史上最高額の1775万2500ドル(フィリップス過去最高額)で落札されました。日本円にして約20億2609万円!

ポールニューマン着用のデイトナ
画像:phillips.com

驚愕の落札価格の理由は、このデイトナのオーナーが、3度のアカデミー賞受賞歴を持つ俳優、そしてレーサーなどの顔を持つ大スター、ポールニューマンが愛用したデイトナであったこと。まさしく世界に一つの“ポールニューマンのポールニューマン”が発見され、腕時計のオークション史上、最高額で落札されたのでした。

フィリップスオークション2017年10月26日
画像:phillips.com

関連記事ポールニューマン着用のロレックスのデイトナ

2位:ロレックス デイトナ ユニコーン。約6億4700万円超えで落札。

2018年5月12日、フィリップスがジュネーブで開催したオークションにて、18Kホワイトゴールド製のデイトナ、Ref,6265が出品され、5,937,500スイスフラン、日本円にして約6億4700万円という驚愕の落札価格を記録しました。

ロレックス デイトナ ref.6265 "ユニコーン"
画像:phillips.com

デイトナ ユニコーンが発見されるまでは、手巻きのデイトナには、スチール製と18金、または14金のイエローゴールド製しか存在しないと信じられていましたが、その常識を覆した一本。

出品者は時計研究家のジョン・ゴールドバーグ氏。

ゴールドバーグ氏が手に入れた当初、このデイトナは本体のみであったため、ゴールドバーグ氏がもともと所有していたRef.1507のバークブレスを設置し保管していたました。 このオークションで、デイトナ ユニコーンは、バークブレスとセットで出品されました。

Ref,1507のバークブレス
画像:phillips.com

関連記事ロレックス デイトナ ユニコーン

3位:バオ・ダイのロレックス トリプルカレンダーRef.6062。約5億7,000万円超えで落札。

2017年5月14日。ジュネーブにて行われたフィリップスのオークションにおいて、伝説のRef.6026が$5,060427(約5億7,000万円)で落札されました。このイエローゴールド製のRef.6062は、ベトナムの最後の皇帝バオ・ダイの遺品であり、2002年にもフィリップスのオークションに出品され、$235,000で落札されたもの。このオークションでは、その落札価格が更新されました。落札額は実に前回の21倍。

ロレックス オイスターパーペチュアルref.6062 バオ・ダイ
画像:phillips.com

皇帝バオダイがロレックスに特注したものとして伝えられており、世界で一本だけのref.6062です。

さらにこのモデルRef.6062は、1950年代前半にわずかなあいだ製造されたトリプルカレンダーのうちの一つで、製造数はわずか数百本とも言われている超レアピース。同じ型番というだけでも、状態が良ければ一千万円を超える金額で取引される事もあります。

愛用した偉人・時計ともに、プレミアムな一本です。

バオダイとRef.6062
画像:phillips.com

関連記事バオ・ダイのロレックスRef.6062

4位:ロレックス オリジナルのゴールド製デイトナ REF.6263、ザ・レジェンドが約4億1千万円で落札。

2017年5月15日 フィリップスにて、ザ・レジェンドと呼ばれるイエローゴールドのref.6263 ポールニューマンが約4億1千万円で落札されました。

デイトナ Ref.6263 ザ・レジェンド 3本目
画像:phillips.com

2013年、ゴールドケースのスクリューロックのプッシュボタンをもつref.6263 ポールニューマンが、ジュネーブにて開催されたアンティコルムで初めて公に姿を現しました。そのシリアルナンバーは、2330402。 6263の最初期のシリアルで、アンティコルムでは、“プロトタイプ”銘打って出品がされ、841,300スイスフランで落札されました。

そして今回のザ・レジェンドのシリアルナンバーは、2330529と非常に近い個体。さらにRCOとは異なる、ROLEX OYSTER COSMOGRAPH のレタリングも、作るべくして作られたゴールド製のポールニューマン6263である事を指し示していました。

左:デイトナ ザ・レジェンド 右:オイスターダウン
画像:phillips.com

関連記事ロレックス デイトナ REF.6263 ザ・レジェンド

5位:ロレックス 唯一のスプリットセコンド・クロノグラフ、ref.4113が約2億6千700万円で落札。

2016年5月14日 フィリップスにて、唯一のスプリットセコンド・クロノグラフを搭載したモデルとされる、ロレックスRef.4113が2,405,000スイスフラン、当時の日本円にして約2億6千700万円で落札されました。

ロレックス  スプリットセコンド・クロノグラフRef.4113
画像:phillips.com

ロレックスのカタログに掲載の無いモデルで、連続すすシリアルナンバーをもつ12本のみ製造されたとされており、現在はのそのうち8本だけだが確認されている超希少モデルです。

希少なスプリットセコンド・クロノグラフ
画像:phillips.com

関連記事ロレックス Ref.4113 スプリットセコンド・クロノグラフ

いかがでしたでしょうか?
一般的に、小売店で販売されているようなロレックスでは、スチール製スポーツモデルのリセールバリューが良く、価値が高いと言われています。

更に、今回ご紹介の時計のように偉人の着用品が高い事はもちろん、古いロレックスでは、製造の初期にしかない仕様や、製造本数自体がきわめて少ないモデルなどが多くのシリーズに見られ、今回のような超高額で取引されることがあります。

タンスの奥底に眠っていたボロボロのロレックスが、希少で“実は高額な時計だった”という事もあるかもしれません。

情報元:www.phillips.com ほか

The following two tabs change content below.
加藤

加藤

時計買取専門店アンティグランデ WEBサイトの運用担当。 時計の相場や、新作など、お客様のお役にたてる情報を発信できるようこころがけております。 愛用時計:オメガ スピードマスター/趣味:カメラいじり

関連記事

ロレックス デイトナ 16520 買取相場 ~レアモデル特集~

オーデマピゲ ロイヤルオーク買取相場、2019年の動向。

パテックフィリップ ノーチラス買取相場 2019年度上期の動向! 相場のピークは越えた?

パテックフィリップ アクアノート買取相場 2019年度上期の動向! 価格は高騰、しかし

ロレックス買取相場、2019年度上期の動向。価格下落!今が売り時?

ロレックス ヨットマスター2 買取相場と新旧の見分け方