ブライトリング修理とオーバーホール

いつもご利用ありがとうございます。
時計修理専門店 オロロジャイオ 石田です

ブライトリングを買って4、5年が経つという方。もう、オーバーホール時期です。油の変質が始まり、放っておくと部品の摩耗が進みます。当店の修理依頼でもブライトリングは、並行日輸入品をはじめとして多くのご相談をいただきます。

ブライトリングは、その名の通り光り輝く磨かれたブレスレットが印象的なブランドです。
また1915年、世界初の腕時計型クロノグラフ「30分タイマー」、1942年の「クロノマット」、1952年の「ナビタイマー」の開発など、腕時計史において、クロノグラフの発展に大きく貢献してきたブランドとして有名です。

今回はこのブライトリングの修理をテーマに、お話を進めていきたいと思います。

ブライトリングのオーバーホール、並行は修理代が正規店購入の2倍?

ブライトリングの時計は、オーバーホールや修理でメーカー(クラブブライトリング)に依頼した場合、並行輸入店か正規店での購入かによって、料金は倍ほどの違いがでてきます。
倍ともなると、修理、オーバーホールに気が引けてしまうという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

当店オロロジャイオなら、修理内容によってメーカーよりも安くできる場合があります。
そこでブライトリングに多い修理と、当店で対応できること、価格をまとめてみました。

ブライトリング修理あるある

オーバーホール、搭載機械の不具合対応

ブライトリングオーバーホール

搭載機械の不具合や、定期的なメンテナンスとしてオーバーホールが必要となります。
部品調達できないムーブメントなど、対応していないケースもございます。

修理対応

機械式オーバーホール対応をいたします。
B01ムーブメント搭載モデルについては、現状メーカーでの修理をご案内しております。不明な場合はご相談ください。

自動巻:22,000円~

クロノグラフ:32,000円~
その他部品代など

針とれ

針とれ

クロノマット、ナビタイマー
文字盤の歪みや、足折れによって文字盤がずれ、針が取れてしまうケースが見られます。本体ケースが大きめで、ぶつけてしまうことが原因かと思います。
シェル文字盤を使用したモデルでは、文字盤にヒビが入ってしまっていることがあります。ヒビの進行リスクがありますので、そういった場合はメーカーでの文字盤交換をお薦めしております。

修理対応

文字盤の補強、針の取り付け直し、クロノグラフの歯車のホゾ(軸)折れがある場合は交換、オーバーホール
状態によっては、メーカーでの修理をご案内しております

自動巻:22,000円~

クロノグラフ:32,000円~
その他部品代など

ベゼルのライダータブ破損

ベゼルのライダータブ破損

クロノマット
ぶつけたことにより部品ごと欠損してしまい相談を受けるケースが多い

修理対応

外装部品の流通がないためメーカーでの修理をご案内しております

リューズねじ込み不良

リューズねじ込み不良

クロノマット、スーパーオーシャン
リューズのねじ込みロックの不良によるもので、リューズの交換が必要です。
オメガやロレックスなどでは、リューズの受け側のケースチューブも取りはずしができ交換可能ですが、ブライトリングは、チューブがミドルケースと一体型のため、状態が悪い場合はミドルケース一式交換になります。

修理対応

外装部品の流通がないためメーカーでの修理が必要
修理代が高額です。最悪はスイスオーダーとなり、時間が掛かりますので、早めのメーカー相談をお薦めしております。

防水不良

防水不良

ナビタイマー
ナビタイマーは3気圧防水と、他のシリーズと比べて防水性が低いシリーズです。
ご依頼の多いオールドナビタイマーなど、お持込み時の状態では、ほとんどが防水試験をクリアできていません。

航空用回転計算尺のついたベゼル箇所も、専用パッキンの交換が必要です。
プッシュボタンもパッキン一体型のため、劣化している場合はプッシュボタン交換が必要です。

修理対応

パッキン、外装部品の流通がないためメーカーでの修理をご案内しております

ベルト(ブレス)ネジ固着

ベルト(ブレス)ネジ固着

クロノマット、ナビタイマー
ブレスレットは、コマやネジ止め箇所の錆びが強く出ていると、サイズ調整ができない場合があります。
時間をかけて錆びを落とさないと対応できない場合があります。こまめな掃除、定期的なオーバーホールをお薦めいたします。

修理対応

外装部品の流通がないためメーカーでの修理をご案内しております

メーカーより安くできる修理は

いかがでしたでしょうか?ブライトリングの場合、外装部品が流通していないため、ケース、ブレスまわりの部品交換が必要な修理は対応することができません。

一方で、多くの機械式モデルでは、オーバーホールや外装部品の交換を必要としない修理では、リーズナブルで、メーカーと同様の保証期間を設けて対応をさせて頂いております。(B01ムーブメント搭載モデルは対応外)

例えば、部品交換のみメーカーで行い、オーバーホールは弊社で行っていただくようにしますと、修理代を抑えることが可能です。とくに並行品店で購入されたブライトリングでしたら、大きな価格差となります。

ブライトリングの修理をご検討でしたら、まずはオロロジャイオにご相談ください。
修理方法についてアドバイスをさせていただきます。

スタジオブライトリング
メーカーオーバーホール代が(正規店購入でない場合は)高いので 部分修理をメーカーで対応いただいた後、オーバーホールのみ弊社でお安く対応させていただく、という方法もございます。まずはご相談いただければと思います。
料金表はこちら(オーバーホール代は倍の違い)
店舗はこちら

オロロジャイオで修理対応していないブライトリング
ブライトリング自社製のB01ムーブメント搭載モデル、一部の特殊なクオーツ時計や、デジタル液晶のモデル(エアロスペース、エアウルフ、クロノスペース、エマージェンシー)は、機械一式交換となる場合があり、対応しておりません。

【時計修理専門店オロロジャイオ】

The following two tabs change content below.
加藤

加藤

所属:株式会社Altomare/担当:買取・修理サービス お客様のお役にたてる情報を発信できるようこころがけております。

関連記事

パネライのオーバーホール、修理でよくあるご相談と対応料金。

お勧めのアンティーク時計 オールドインター(IWC)

時計のベルト交換や購入の注意と、おすすめの素材。

アンティークロレックスを日ロレでオーバーホールする際の注意

アンティークロレックス おすすめモデル。修理技師の観点でご紹介!

腕時計の時間遅れ、進みの原因