オクト フィニッシモ クロノグラフGMT オートマティック

5度目の世界記録を樹立

ブルガリは、バーゼルワールド2109で最薄の3.3mmの機械式クロノグラフムーブメントを搭載したモデルを発表。さらに、GMT機能を搭載しており、既存のGMT機能搭載の自動巻き機械式クロノグラフムーブメントでは、世界最薄となります。これによって、ブルガリは機械式時計製造における、5度目の世界記録を樹立しました。 

オクト フィニッシモ クロノグラフGMT オートマティック 5度目の世界記録を樹立

オクト フィニッシモ クロノグラフGMT オートマティック

これまでのフィニッシモの自動巻ムーブメントでは、マイクロローターの採用が一般的であったのに対して、今作では、内部機構のスペース確保のためか、ムーブメントの外周を回るペリフェラルローターを採用しています。

ペリフェラルローターのために、今回のフィニッシモは従来のモデルより2mm大きいケース径となっています。

オクト フィニッシモ クロノグラフGMT オートマティック 

操作系は、9時の位置にあるボタンで現地時間(ローカルタイム)をセットし、2時位置と4時位置のプッシャーによってクロノグラフを操作します。

ダイヤルを見ると、3時位置には、出発地の時間(ホームタイム)を、6時位置にはクロノグラフのミニッツカウンターを、そして9時位置にはスモールセコンドカウンターを配置。
外装については、これまでのオクトフィニッシモと同様に、サンバースト加工が施されたチタンを、ケース・文字盤・ブレスレットに採用しています。

オクトシリーズと、ブルガリ

ブルガリの人気腕時計シリーズ、ブルガリブルガリ。デザインは、「ロイヤルオーク」「ノーチラス」をデザインしたことで有名なジェラルドジェンタによるものでした。

そしてオクトシリーズのルーツも、ジェンタによるもの。 オクトシリーズには、外装の8角形やソリッド仕上げなどジェンタのデザイン精神が随所に見受けられます。

ジェンタのアイデンティティーを感じさせる、幾重に重なったかのような8角形ケースが特徴的なオクトシリーズ。 オクトの進化とともに、ブルガリの時計づくりは、さらにレベルをあげています。

オクトシリーズと、ブルガリ

オクト フィニッシモ GMT クロノグラフ SAP103068

ケースサイズ:42mm
厚さ:6.90mm防水性能:
ムーブメント:キャリバーBVL 318 (厚さ:3.30mm)
パワーリザーブ:55H
価格:1,920,000円(税抜)

情報元:bulgari.com

関連記事

カルティエの定価と、換金率表。記事をリリース

時計の電池交換+お手入れセット」サービスを開始

バーゼルワールド2019 チューダー新作 ブラックベイクロノS&G  ref.79363N

ウブロ新作、ビッグバン サンブルー2

パネライ SIHH2019新作 サブマーシブル42mm

リシャールミルの定価と、換金率の記事をリリース