トラディショナル・ツインビート・パーペチュアルカレンダー

過去に無い独創的な時計

2019SIHHにてヴァシュロン・コンスタンタンはトラディショナル・ツインビート・パーペチュアルカレンダー3200T/000P-B578 を発表。振動数の異なる二つのテンプを搭載。振動数は、着用者が任意で切り替えることができ、最大で65日間のパワーリザーブを誇るという、過去に類の無いモデルです。

振動数の異なる2個のテンプによって

トラディショナル・ツインビート・パーペチュアルカレンダー3200T/000P-B578は、前述のように、異なる振動数の2個のテンプによる機構を搭載。任意に振動数を切り替えることによって、ゼンマイのエネルギー消費を調整できるヴァシュロン史上初の腕時計です。

キャリバー3610QP

振動数は8時位置のプッシュボタンによって切り替ええられます。着用時に適した振動数5Hz (毎時3万6000回)のテンプでは、パワーリザーブは約4日間。着用しない際には振動数を1.2Hz (毎時8640回)となるテンプに切り替えることで、最大約65日間まで稼働します。

和時計にヒントを得た3610 QP

ムーブメントは新開発のキャリバー3610 QP。前述の振動数を切り替えるというシステムは、江戸時代につくられた和時計の、昼夜でそれぞれ異なる2つの棒テンプが自動的に切り替わる機構にヒントを得たもの。更にキャリバー3610QPは、この別々のテンプを、ほぼ遅延なく切り替えることが可能となっています。

キャリバー3610 QP

低トルクで稼働するパーペチュアルカレンダー

通常、ジャンピング表示を複数もつパーペチュアルカレンダーは、エネルギー負荷が高く、トルクを必要とします。そして、この負荷はパワーリザーブにも影響をあたえます。
3200T/000P-B578は、日付・月・閏年を瞬時に切り替えるジャンピング式を採用しながらも、新設計によって、これまでの4分の1のエネルギーでジャンピング表示を実現、パワーリザーブを最大限引き延ばしています。

ツインビート・パーペチュアルカレンダー3200T/000P-B578

更に、これらテンプの切り替え、パーペチュアル機構などの複雑機構をもちながら、ケースの厚さは12.3mm。シャツの袖にも収まり、日常の中でも自然に着用できるという実用性も魅力です。

ツインビートパーペチュアルカレンダー

ref.3200T/000P-B578
cal.3610 QP(手巻き)
パワーリザーブ
・アクティブ・モード:約4日間
・スタンバイ・モード:約65日間
素材プラチナ950
ケース:直径42.0mm × 厚さ12.3mm
防水性能:3気圧(約30m)

 

関連URL:www.vacheron-constantin.com

The following two tabs change content below.
加藤

加藤

所属:株式会社Altomare/担当:買取・修理サービス お客様のお役にたてる情報を発信できるようこころがけております。

関連記事

ロレックスは売り時?買い時?~時計の買取価格推移~記事をリリース

ビッグ・バン。初のパライバトルマリンを施したモデル。

ロレックス バーゼル 2019新作 ヨットマスターref.226659

ロレックス バーゼル 2019 シードゥエラー126603

ロレックス バーゼル 2019 GMTマスター2、バットマン

SIHH2019 ジラールペルゴ ブリッジ コスモス