ロレックスは売り時、買い時?

弊社(株式会社アルトマーレ)が運営する時計買取専門店アンティグランデのWEBサイトにおいて、特集コンテンツ「ロレックスは売り時?買い時? ~時計の買取価格推移~」を更新、リリースいたしました。

昨今、ブランド時計はリセールバリューに注目が集まっており、中でもロレックスは定価を上回る査定額がつくモデルが存在することで知られています。そして、リセールバリューを最も高めるためには、安い時期に買って、高い時期に売ることが大切なポイントとなります。

当記事では、ロレックスをはじめとして、様々なブランド時計の過去9年間の買取相場をグラフで掲載。ロレックスをはじめ、ブランド時計は今、買い時なのか、それとも売り時なのかを探っていきます。

記事の内容

時計の買取価格推移
ロレックス
パテックフィリップ
ヴァシュロンコンスタンタン
ウブロ
オメガ
オーデマピゲ
パネライ
ピアジェ
フランクミュラー
IWC
ブライトリング
カルティエ
タグ・ホイヤー
ブレゲ
ハリー・ウィンストン
ジン
ボール ウォッチ
買取価格の推移が伸びている時計は?
ロレックスは売り時?

記事URL
ロレックスは売り時?買い時? ~時計の買取価格推移~

The following two tabs change content below.
加藤

加藤

時計買取専門店アンティグランデ WEBサイトの運用担当。 時計の相場や、新作など、お客様のお役にたてる情報を発信できるようこころがけております。 愛用時計:オメガ スピードマスター/趣味:カメラいじり

関連記事

ウブロの定価と、換金率に関する記事をリリース

2020年、高級時計カレンダーをプレゼント!!

日本50本限定!次元大介 X ゼニス エルプリメロ“A384 ルパン三世エディション”

IWC、国際保証期間を 2年から8年に

約4,300万円。ジャクリーン・ケネディのカルティエ・タンク

総額42億円。第8回オンリーウォッチオークション落札結果