ディープシースペシャル

2019年3月20日。バーゼルワールド2019にて、ロレックスは、スチールと18Kctイエローゴールドのコンビが特徴的な、新しいシードゥエラーref.126603を発表しました。

INDEX 目次

ロレックス新作 シードゥエラー126603

サブマリーナから派生し、水中で作業を行うプロダイバーのために開発されたシードゥエラー。このシードゥエラーに、初のスチールと18ctイエローゴールドのロレゾール仕様のモデルが搭乗しました。それがシードゥエラー126603です。

公式サイト
ロレックス シードゥエラー126603

シードゥエラーref.126603

ディープシースペシャルを彷彿させるコンビ仕様

シリーズ初となるロレゾール仕様は、ディープシースペシャルを彷彿させます。ブレスレットのセンターパーツ、リューズ、ベゼルに18ctイエローゴールドを採用。ダイヤルのSEA-DWELLER表記も、素材を意識したものとなっています。

シードゥエラーref.126603

さらに、ブラックセラミック製セラクロムベゼルインサートの数字、メモリ箇所は、イエローゴールドのPVD加工が施されています。
単にラグジュアリー化をはかるだけでなく、偉業を成し遂げたタイムピースへのオマージュともとれます。

オールドレディ ディープシースペシャル

TIPS:ディープシースペシャル
ロレックスは、潜水艇トリエステ号協力のもと、1956年より潜水時に自社の腕時計を潜水艇にとりつけ、高い水圧に耐える腕時計の研究を行いました。その腕時計が、オールドレディの愛称で呼ばれた、ディープシースペシャルです。ディープシースペシャルは、NO1、NO2…と改良がなされた複数のモデルが確認されています。
1960年には、マリアナ海溝10,916メートルの深部まで到達するという偉業が達成されます。プロモーションのための店頭ディスプレイモデルなども確認されています。

シリーズならではの高防水性能1,220m

また重厚なケースとヘリウム排出バルブにより、シリーズならではの高い防水性、1,220mを誇ります。ムーブメントには、2017年登場のシードゥエラー126600で初めて搭載されたキャリバーと同じ、cal.3235を搭載。精度、耐衝撃性、耐磁性に加えて、パワーリザーブはおよそ70時間となっています。

cal.3235

ロレックス シードゥエラー126603

ケース:ヘリウム排出バルブ
ベゼル:18 ct イエローゴールド、セラクロムベゼルインサート、数字と目盛りはPVDイエローゴールドコーティング、
リューズ:スクリュー式、 トリプロック(三重密閉構造)
風防:傷防止サファイア、サイクロップレンズ
防水性能:1,220 m(4,000 フィート)
ムーブメント:キャリバー3235
 •振動数:28,800 振動/ 時(4Hz)
 •耐磁性ブルー パラクロム・ヘアスプリング
 •ロレックス オーバーコイル
 •可変慣性をもつ大きなテンワ
 •4 個のゴールド マイクロステラ・ナットにより高精度に調整可能
 •トラバーシングバランスブリッジ
 •高性能パラフレックス ショック・ アブソーバ
 •31 石
パワーリザーブ:約70時間

 
 
情報元:rolex.com

The following two tabs change content below.
加藤

加藤

所属:株式会社Altomare/担当:買取・修理サービス お客様のお役にたてる情報を発信できるようこころがけております。

関連記事

カルティエの定価と、換金率表。記事をリリース

時計の電池交換+お手入れセット」サービスを開始

オクト フィニッシモ クロノグラフGMT オートマティック

バーゼルワールド2019 チューダー新作 ブラックベイクロノS&G  ref.79363N

ウブロ新作、ビッグバン サンブルー2

パネライ SIHH2019新作 サブマーシブル42mm