オーデマピゲ「時計以上の何か」

オーデマピゲは、2019年10月19日から11月4日まで、東京ミッドタウン(芝生広場)で「時計以上の何か」と題したエキシビションを開催。
東京ミッドタウンが2006年より毎年開催し、今年で13回目を迎える「Tokyo Midtown DESIGN TOUCH」の一環として行われます。

オーデマピゲ「時計以上の何か」


PR:オーデマピゲの買取・修理なら、ウォッチラウンジを運営する弊社にお任せください
オーデマピゲ買取はアンティグランデ
オーデマピゲ修理・OHはオロロジャイオ

オーデマピゲの歴史的な腕時計150本以上を展示

エキシビションは1875年の創業から、今年発表された新作Code11.59 バイ オーデマピゲの発表まで、144年以上続くマニュファクチュールの歴史を紹介。また1875年にジュール=ルイ・オーデマの時計学校卒業制作でつくられた懐中時計を含め、クロノグラフ、チャイミング、アストロノミカルなどの複雑機構を搭載した逸品などを含む、オーデマ ピゲの歴史的な腕時計150本以上が展示されます。

ロイヤルオークなど腕時計150本以上

会場を彩るアーティスト

さらに、会場はマティユー・ルアヌール、ダン・ホールズワース、池田亮司、アレクサンドル・ジョリーらによって、オーデマピゲの創業地や技術、そして時の複雑性をイメージした作品で彩られます。

マティユー・ルアヌール、ダン・ホールズワース、池田亮司、アレクサンドル・ジョリー
 
 

オーデマピゲ「時計以上の何か」

期間: 2019年10月19日(土)から11月4日(月・振休)
場所: 東京ミッドタウン 芝生広場
入場料:無料 (予約は特設サイトから9月初旬より開始予定です。)
www.tokyo-midtown.com/jp/designtouch

 
 

Tokyo Midtown DESIGN TOUCH

「Tokyo Midtown DESIGN TOUCH」は、2006年から始まり今年で13回目を迎える、六本木の東京ミッドタウンで毎年行われるデザインイベント。2017年からは「国内外の第一線で活躍するデザイナーや国内外で注目されるデザインが集結しデザインの魅力や可能性を身近に体感できるデザインの祭典」をコンセプトにし、さらなる進化を続けています。

 
 
情報元:audemarspiguet.com

The following two tabs change content below.
加藤

加藤

時計買取専門店アンティグランデ WEBサイトの運用担当。 時計の相場や、新作など、お客様のお役にたてる情報を発信できるようこころがけております。 愛用時計:オメガ スピードマスター/趣味:カメラいじり

関連記事

ウブロの定価と、換金率に関する記事をリリース

2020年、高級時計カレンダーをプレゼント!!

日本50本限定!次元大介 X ゼニス エルプリメロ“A384 ルパン三世エディション”

IWC、国際保証期間を 2年から8年に

約4,300万円。ジャクリーン・ケネディのカルティエ・タンク

総額42億円。第8回オンリーウォッチオークション落札結果