ロレックス おすすめのアンティーク

いつも閲覧ありがとうございます。
近年、時計業界ではアンティーク時計がブームとなっています。

アンティーク時計の魅力は、年代を感じさせる見た目、振動数が少ないゆえに感じられる温かみ、そして希少性などがあげられるかと思います。特にロレックスのスポーツモデルは人気が高く、現在も価格が高騰傾向にあり、発売当時の何倍もの金額で取り引きされているものもあります。

こういった魅力的なアンティーク時計ですが、修理をする側の観点からすると「メンテナンスをして今後も長く使用できるか」という点に重きを置いて時計を見てしまいます。
それは、製造が終了した古い腕時計は、部品が流通していないものが多くあるからです。私ども修理職人は全ての時計の修理、部品の作成ができるわけではないため、時計によっては部品がないことで直すことができない場合もあります。せっかくなら今後も修理・メンテナンスができ、実用性があるアンティーク時計を選びたいものです。

そこで今回は人気のロレックスに焦点をあて“修理技師がおすすめするアンティーク時計”をご紹介したいと思います。

目次

おすすめのアンティークロレックス

アンティークロレックスなどと呼ばれる、ロレックスの時計は1930年代~1980年代が大半です。この中で修理に必要な内部機械(ムーブメント)の部品が残っているのは、1950年代以降のモデルとなります。以下に1950年あたり1980年あたりまでに登場した、お勧めのムーブメントと、それを搭載したモデルをいくつかご紹介していきます。

おすすめのロレックス 自動巻き

ロレックスおすすめの自動巻き1680、1016、1500など
自動巻き上げ機構の構造は、腕にはめていれば自動で巻かれる仕組みで、部品に遊びがないと動きません。また負担がかかりやすい部分であるため、その分改良が進められた機構でもあります。
お薦めするのは、Cal.1560、1570。部品の流通がありますので(Cal.1530でしたら一部Cal.1570などと部品共通の為対応できます。)修理可能です。それよりも前になりますと交換部品がなく修理ができません。Cal,1570系は1940年代後半から1970年代まで長く生産され自動巻き上げ機構も現在のムーブメントとほぼ同じ構造が用いられております。信頼性の高い機械です。

[Cal.1560]
ロレックス エクスプローラー I Ref.1016
ロレックス サブマリーナー Ref.5512、Ref.5508
ロレックス オイスターパーペチュアル Ref.1002、Ref.1005
ロレックス オイスターパーペチュアルデイト Ref.1500
[Cal.1570]
ロレックス エクスプローラーI Ref.1016
ロレックス サブマリーナー Ref.5512、Ref.1680
ロレックス オイスターパーペチュアル Ref.1005、Ref.1002
ロレックス オイスターパーペチュアルデイト Ref.1500
ロレックス デイトジャスト Ref.1601/3

おすすめのロレックス 手巻き

ロレックスおすすめの手巻き6426、6422、6430など
手巻きのモデルとなりますとCal.1210系、1220系(二つは似ていますが振動数が違う)をお薦めいたします。手巻きの中では比較的、部品が流通しているムーブメントです。また機構がシンプルなので、部品不良が少なく、自動巻きに比べて直せるケースが多いといえます。
これより古いムーブメントは、オーバーホールは可能ですが、お引き受けする場合はコンディションを見ての判断(アンティーク料金)となります。

[Cal.1210]
ロレックス スピードキングref.6426
ロレックス オイスターデイトRef. 6494
ロレックス オイスターロイヤルRef6422
[Cal.1220]
ロレックス スピードキングRef.6430

いかがでしたでしょうか。

人気のスポーツモデルのロレックスも例にあげていますが、手がだしずらい価格にまで高騰ししています。上記の中なら自動巻のRef.1500 などは (特に黒文字盤)比較的手ごろな価格帯で、スポーツモデル系の見た目なので良いのではないでしょうか。

アンティーク時計を買うなら注意すること

ここまで述べましたように、修理ができるかできないかは、主に内部の機械次第ということになります。ご購入の際には、搭載機械についての知識がある、またメンテンスもされているお店さんでの購入をお薦めいたします。

さらに…部品の流通量を考えますと、購入に慎重にならなければならないロレックスとしては、バブルバックがあげられます。
ロレックス バブルバック
人気で、販売価格が高額な一方、内部部品が流通しておらず、リューズのねじ込み不良も多いタイプの時計です。長く使うなら、扱いには慎重を要さなければなりませんのでご注意ください。

【時計修理専門店オロロジャイオ】

The following two tabs change content below.
石田

石田

所属:株式会社Altomare/担当:修理サービス アンティークウォッチから高級ブランド時計まで、腕時計の修理に関する情報をおとどけいたします。

関連記事

お勧めのアンティーク時計 オールドインター(IWC)

時計のベルト交換や購入で注意する事

アンティークロレックスを日ロレでオーバーホールする際の注意

腕時計の時間遅れ、進みの原因

時計のガラス交換「できる・できない」について

機械式時計の精度ってどれくらい?