GMTマスター2 赤青 ブルーダイヤル 2019年 廃盤・新作比較

バーゼル2019で、ステンレススチールのGMTマスターの新作が発表され、旧ステンレススチールのGMTマスターが廃盤となったことで、現在 旧モデルのGMTマスターが高騰しています。

このGMTマスターシリーズ。あまり話題に上がっていませんが、ホワイトゴールド(以降WG)の赤青ベゼル X ブルー文字盤のGMTマスターも、新旧世代交代がありました。今回はこのGMTマスター WGモデル ブルー文字盤について新旧比較をしてみたいと思います。

INDEX 目次

GMTマスター2 126719BLRO ブルーとメテオライト文字盤

バーゼルワールド2019で発表された、ホワイトゴールド製GMTマスター2は2本。

126719BLROメテオライト文字盤

まず、これまでに無かったダイヤルのGMTマスターとして話題となったメテオライト文字盤。バーゼルワールド2019にて発表のホワイトゴールドモデルは、こちらが追加されただけと思っていた方も少なくないのではないでしょうか?

GMTマスター2 126719BLRO メテオライト

126719BLROブルー文字盤

こちらがもう一本のGMTマスター2 ブルー文字盤。2018年、さりげなく登場したGMTマスター2 116719BLROのブルー文字盤と、カラーリングが共通。この旧モデル116719BLROブルー文字盤は、新作と入れ替えに、誕生から1年をもって公式サイトから姿を消します。

GMTマスター2 126719BLRO ブルー文字盤

TIPS:GMTマスター2 116719BLROとは
2014年のバーゼルワールドで発表されたGMTマスター2 116719BLRO。ホワイトゴールドケースに、セラミックベゼルでは初のペプシカラー(赤青)の組みあわせで話題となりました。登場当初は黒文字盤であったものの、バーゼルワールド2018のタイミングで、黒文字盤からダークトーンのブルー文字盤にマイナーチェンジされました。

GMTマスター2 ブルー文字盤の違い 116719BLROと126719BLROを比較

では、GMTマスター2 ブルー文字盤の2018年モデル116719BLROと、2019年モデル126719BLROは、どのような変化があるのでしょうか? 2モデルの画像を重ねあわせて比較をしました。

116719BLROと126719BLROデザインの違い


 

まず、ベゼルを見ると外周の切り込み形状に変化が見られます。またプラチナPVD加工のアラビア数字のウェイトが太くなっているように見えます。

次にダイヤルを比較すると、旧モデルでは6時位置のSWISS MADEのレタリング中心に何もなかったのに対して、新作では王冠が付与され位置も変化しています。またブランドロゴ・シンボルの王冠に変化は無いように見えますが、その下「OYATER~以下、クロノメーター表記」のレタリングは、旧モデルに対して新モデルは小さく・タイトになっています。カレンダーの書体が太くなり、インデックスのフチも細くなったように見えます。

116719BLROと126719BLRO ムーブメント・機能面の違い

次に搭載されるムーブメントを比較すると、旧モデルのGMTマスター2 116719BLROは、Cal.3186を搭載しているのに対して、2019年の新作126719BLROは、新型ムーブメントCal.3285が搭載されています。

Cal.3186とCal.3285

Cal.3285は2018年に初めて登場。開発にあたり10件の特許を出願するという、多くの新技術が反映されたムーブメント。
耐衝撃性や精度の改善は勿論、エネルギー効率がアップしたことによって、パワーリザーブは約70時間にまで延長されています。

GMTマスター2 ブルー文字盤 116719BLROの買取相場は?

現在116719BLROの買取相場は、ホワイト昨年から比べて大きく変動していません。
定価がスチールモデルに比べて高額なこともあり、スチールモデルの相場変動とは異なる動きをしています。

関連記事:ロレックス 廃盤になったと思われる人気モデル。

しかし、GMTマスター2 116719BLROのブルーダイヤルは1年、黒文字盤は3年と116719BLRO自体の製造・流通量は多くないと思われます。

買取り相場、実勢価格と今後目が放せないモデルの一つと言えそうです。

GMTマスター2 126719BLRO

ダイアルカラー:メテオライト、ブルーの2色
ケース素材:18ctホワイトゴールド
ベゼル:レッドXブルーのセラミック製 2 色のセラクロムインサート
リューズ:スクリュー式、トリプロック(三重密閉構造)
防水性能:100M防水
ムーブメント:Cal.3285(自動巻、GMT表示、COSCクロノメーター規格)
日差:日差 -2~ + 2秒
パワーリザーブ:約70時間
ブレスレット:オイスターブレス(18ctホワイトゴールド)
ダイアル夜光:クロマライト

 
 

The following two tabs change content below.
加藤

加藤

時計買取専門店アンティグランデ WEBサイトの運用担当。 時計の相場や、新作など、お客様のお役にたてる情報を発信できるようこころがけております。 愛用時計:オメガ スピードマスター/趣味:カメラいじり

関連記事

パネライの評価と買取相場!!旧型稀少モデルの紹介!!

ノーチラス3700-1A 5711/1Aを比較。買取り相場と違い

デイトジャスト レディース 買取価格と新旧見分け方

オメガの買取相場。復刻版、オリジナルモデル比較特集

ロレックス デイトナ 16520 買取相場 ~レアモデル特集~

オーデマピゲ ロイヤルオーク買取相場、2019年の動向。