サブマリーナ126610LN
アンティグランデ査定スタッフ

あわせて、時計の査定もご利用ください!
宅配買取でも入金はお問合せから最短2日!

簡易WEB査定フォーム

ロレックスの2020年新作発表が無事おこなわれました。当ブログでは、サブマリーナとエクスプローラーが一新され、旧作が高騰するのでは?と予想していましたが、結果はサブマリーナのみ新作が登場する結果となりました。そして旧作は公式サイトから消え、廃盤になったものと考えられます。

今年はcovid19感染拡大の影響から、スイスの見本市延期にロレックス新作発表の延期、その他ブランドを含む工場の一時的な閉鎖など、暗い話題が多かった中で久々に明るいニュースが飛び交ったという印象があります。

サブマリーナ 2020年新作

2020年9月1日、ロレックスの公式サイトにて新作が発表されました。最も注目を集めたのがサブマリーナです。ノンデイトを含め5モデルがラインナップされました。

ロレックス2020新作のラインナップ
画像:左から126610LN/124060/126610LV/126613LB/126619LB

ともに前モデルref.114060、ref.1166~と比較して、ケースサイズ40mmから41mmへ。ブレスも変更され幅が太くなり、対してラグ幅がよりスリムに変更されています。

サブマリーナのラグ、ブレスレット 116610LNと126610LN

ダイヤルについては、6時位置のSWIISS MADE表記の間に王冠が加えられ、レタリングも一新されています。ベンツ針も以前より太くなったように見えます。

サブマリーナ文字盤 116610LNと126610LN

搭載された機械は、ノンデイトモデルには新型のキャリバー 3230。そしてデイト付きモデルには、2017年に発表されたシードゥエラーref.126600に初めて搭載されたキャリバー 3235が搭載されています。前モデルに搭載され傑作と評されるCal.3135(ノンデイトはCal.3130)と比較して、より高い精度と長いパワーリザーブ(70時間)を、そしてより高い耐磁・耐衝撃性能を実現しています。

キャリバー3230と3235

グリーンサブが黒文字盤に

サブマリーナシリーズの中でも注目度の高いモデルを見ていきましょう。

流通量の少なかった、ステンレススチールにグリーンのダイヤル・ベゼルのref.116610LV(ハルク)。これらの後継機と言えるモデルがref.126610LVです。文字盤はブラックに変更されました。

グリーンサブ116610LVハルクと126610LVカーミット
画像:左116610LV、右126610LV

このツートーンのカラーリングにカーミットで親しまれたref.16610LVを連想してしまい、どこか地味になった印象を持つのは私だけでしょうか。また一方で、当面ハルク カラーリングを展開させない事で、同モデルのプレミア化を図ろうとしているのではないか、といったことも感じ取れます。

なお、前モデルのサブマリーナは新作発表以降で取引価格が高騰しており、特にref.116610LVは20%程値上りしています。

ロレックス新作発表 延期の理由

例年は3月頃にスイスの時計見本市バーゼルワールドが開催され、ロレックスはバーゼルワールドとWEBサイトで新作を発表します。

しかし2019年、バーゼルワールド運営側(MCHグループ)は翌年の見本市開催を4月に決定。2020年4月にはcovid19感染拡大の影響から開催を翌年へと延期します。これらの取り決めは出展企業への相談もなく運営陣によって一方的に判断されていました。

4月14日、こうした運営陣の対応や過去の運営方針を要因として、ロレックス、パテック・フィリップなど5ブランドがバーゼルワールドを離脱、そしてFHH(Fondation de la Haute Horlogerie)と共に、新たな見本市開催の発表を同財団を通じて発表します。

FHH 声名
出典:www.hautehorlogerie.org

4月17日にはLVMHグループ(TAGホイヤー、ウブロ、ブルガリなど)も前述の5ブランドを追う形で、同見本市からの離脱を発表します。既に2019年はスウォッチグループがバーゼルワールド出展をとりやめており、2019年4月にはブライトリングが、そして同年末にはセイコーやカシオも出展取りやめを発表しています。

WEBサイトのみでロレックスの新作発表が行われるのでは?と噂があったものの、それから数カ月が経過。8月に非公式の情報で「9月に新作発表がある」との噂が広がり、末には公式サイトで新作のティザー映像が公開されました。

ロレックス2020新作ティザー

複数の国で以前より経済活動が立ち直ってきていた時期でしたので、なるべく需要が見込めるタイミングを見計らっていたのではないでしょうか。

情報元:www.rolex.com

The following two tabs change content below.

加藤

時計買取専門店アンティグランデ WEBサイトの運用担当。 時計の相場や、新作など、お客様のお役にたてる情報を発信できるようこころがけております。

お持ちの腕時計を
査定してみませんか?

時計の査定でしたら是非ご相談ください! お電話(0120-55-1430)での査定も承っております!

  • 受取る受取らない

関連記事

ゼニス ルパン三世エディション第二弾 次元大介着用のエル・プリメロ

ウブロ クラシックフュージョン 40周年記念モデル

幻のロレックス コスモグラフ デイトナ Ref.16516のラピスラズリ文字盤が2,537万香港ドル(約3億5,000万円)で落札

藤原ヒロシ X ブルガリブルガリ 日本限定250本 

Gショック、バンフォード コラボ! GW-M5610 BWD20-1ER メーカー公認の魅力。

ロレックスの定価と、換金率に関する記事をリリース