約1億円で落札! リシャールミルRM11-03アルティメット プロトタイプ

2021年6月、リシャールミルジャパンは、“リシャールミルジャパン基金”が主催するオークションにて、フライバッククロノグラフ“RM11-03”が96,666,000円で落札された事を発表しました。
このオークションはチャリティーを目的としており、売り上げの全額は慈善団体などへ寄付されます。

RM11-03 オートマティック フライバッククロノグラフ

落札された腕時計は、2020年に世界限定200本で登場したRM11-03(オートマティック フライバッククロノグラフ アルティメットエディション)の“プロトタイプ”です。

RM11-03 オートマティック フライバッククロノグラフ

RM11-03は、2007年に登場したRM011シリーズの最新モデル。文字盤を見ると、グリーン、イエロー、オレンジでカラーリングと武骨な針やインダイヤル。その裏から覗くグレード5チタン製の地板とブリッジの組み合わせによって、奥行きを感じさせるムーブメントが存在感を放ちます。

3層構造のカーボンケースもターコイズクオーツTPTの色合いが鮮やか。リューズ・プッシャーはグレード5チタン製で、レーシングカーのタイヤと、アクセルペダルに着想を得ています。

RM11-03は、2007年に登場したRM011シリーズの最新モデル

搭載されている自動巻きキャリバーRMAC3は、モデル名の通りフライバッククロノグラフ、そしてアニュアルカレンダー機能を持つムーブメント。

フライバッククロノグラフは、センターのクロノ針、6時位置にクロノグラフ12時間積算計、9時位置のカウントダウンタイマーで。そして、アニュアルカレンダーは、4時と5時に挟まれた月表示で、12時位置の日付表示で確認します。月ごとの日数は、(30日、31日)は自動で調性される仕様となっています。

自動巻きキャリバーRMAC3

リシャールミルの腕時計は、手に入れることが難しいとされています。そうした中で、プロトタイプは更に希少です。今回の落札価格は非常に高額ですが、愛好家にとっては妥当な価格だったのかもしれません。

リシャールミルジャパン基金

リシャールミルジャパンは、これまで様々な慈善活動を行ってきました。
2011年以降で継続して行われている発生した東日本大震災や、2016年の熊本地震の復興を支援など、チャリティーオークションによる売上金ほか、アンバサダーらの協力による支援金の寄付活動を行ってきました。
2018年にはリシャールミルジャパン基金を設立。
国内だけでなく、海外にも視野を広げたチャリティー活動を続けています。

リシャールミルジャパン基金
情報元:rmjapanfoundation.jp

リシャールミルジャパン:チャリティオークションと寄付
https://rmjapanfoundation.jp/charity/

RM11-03 オートマティック フライバッククロノグラフ

プロトタイプ(1点)
落札価格 96,666,000円
ムーブメント:自動巻きキャリバーRMAC3(アニュアルカレンダー、フライバック機能)
パワーリザーブ:約55時間
振動数:28,800振動/時(4 Hz)
サイズ:49.94 x 44.50 x 16.23mm
防水性能:50M
参考定価:¥26,200,000

情報元:rmjapanfoundation.jp

The following two tabs change content below.

加藤

時計買取専門店アンティグランデ WEBサイトの運用担当。 時計の相場や、新作など、お客様のお役にたてる情報を発信できるようこころがけております。

関連記事

パテックフィリップ 卓上パーペチュアルカレンダー | オンリーウォッチ

チューダー ブラックベイ GMT ONE ref.7893/001U | オンリーウォッチ

ブランパン トリチウム移行期のフィフティファゾムスに着想を得たモデル | オンリーウォッチ

ブルガリ タンタルのオクトフィニッシモ パーペチュアルカレンダー | オンリーウォッチ

ウブロ ビッグバン トゥールビヨン | オンリーウォッチ

オーデマピゲ ロイヤルオーク 15202の最終モデル | ONLYWATCH