時計磁気帯び

オーバーホールをしてお返しをした時計の中には、少し経ってから調子が悪いということで、再修理のご相談をいただくものがあります。その原因のひとつが磁気帯です。

何らかのかたちで、時計が磁気の影響を受け、時間の遅れや進み、動作不良が起こります。特に磁石留めのバッグを持ち歩いたり、電子レンジやIH調理器を利用するためか、レディース時計であることが多い傾向にあります。

外的な要因は防ぎようがないため、通常は保証対象外としているのですが、お客様も心当たりがない事がほとんどの為、1回~2回目はサービスで無償で磁気抜きを行っています。

そこで今回は、そんな磁気を発する製品、時計の不具合、対策についてご紹介していきます。

 

身近にある磁気を発する製品

日常生活の中には強い磁気を発するさまざまな製品があります。

[デジタル機器]
パソコン/ 携帯電話/ 電化製品のスピーカー
[生活家電]
電子レンジ/ IH(電磁)調理器
[日常小物]
バッグや財布のマグネット

オーディオや携帯電話など

磁気帯びによる時計の不具合

磁気帯びによって、以下のような不具合が発生します。

【機械式時計のムーブメントの不具合】
時計のリズムを制御しているテンプという部分の、ヒゲゼンマイという渦巻き状の伸縮運動するバネ(金属)が、磁気の影響を受けてしまい精度不良になることがあります。

【クオーツのムーブメントの不具合】
歯車を動かすステップローター(電磁石)が、磁気の影響を受けてしまい精度不良、動作不良となります。
⇒この他のクオーツ時計の不具合

【針の干渉】
カルティエやフランクミュラーに多くみられるブルースチール針も鉄なので、影響を受けやすいです。磁気を帯びた針同士が干渉し精度不良を起こします。

 

磁気帯をしないための対策

【置き場所に注意する】
携帯電話と一緒に時計も外して置いておくなんて言うのも非常に危険です。

【磁気から5センチ以上離す】
磁気が出ると思われるものから、5センチ以上離せば、ほぼ磁気の影響は受けないと言われています。

【耐磁性の高い時計を選ぶ】
磁気が強い環境に身を置くことのあるエンジニアやダイバー、パイロットをターゲットに誕生した時計の中には、高い耐磁性能をもつ時計があります。以下は耐磁時計として有名なシリーズです。

ロレックス ミルガウス
IWC インヂュニア、パイロットウォッチ
ボールウォッチ エンジニアシリーズ など
 
いかがでしたでしょうか。磁気帯を防ぐ方法において、耐磁時計を選ぶというのはとてもハードルが高いですが、磁気が発せられるところから5cm以上はなすことはできそうです。

しかし磁気を発する製品が身の周りにあふれた現代では、磁気を完全にシャットアウトすることは難しいでしょう。お手持ちの時計が磁気帯した場合、残念ながらご家庭で磁気抜きをする方法はありません。この場合は、時計修理店などに置かれている「磁気抜き機」とよばれる機械で磁気を抜きます。また磁気が内部にこもっている場合は、完全に磁気を取り除ききれず、より磁気を帯びやすい状態になりますので、場合によっては分解をして、部品単体で磁気抜きを行います。
 
磁気帯かなとおもったら、お時計の分解掃除(オーバーホール)を兼ねて、時計修理店のオロロジャイオにご相談くださいませ。
お問合せお待ちいたしております。

 

【時計修理専門店オロロジャイオ】
お問合せ:03-3383-0833

The following two tabs change content below.
石田

石田

所属:株式会社Altomare/担当:修理サービス アンティークウォッチから高級ブランド時計まで、腕時計の修理に関する情報をおとどけいたします。

関連記事

ロレックス エクスプローラー 修理あるある

ゼニスの修理あるあると、オロロジャイオで出来る事

タグホイヤー修理あるある 並行輸入、エドワードクラブ非会員必見!

ブライトリングのオーバーホール時期なら! 並行品でも安く修理するコツ

パネライのオーバーホール、修理でよくあるご相談と対応料金。

お勧めのアンティーク時計 オールドインター(IWC)