フランクミュラーの修理に多いガラス交換

いつもご利用ありがとうございます。時計修理専門店オロロジャイオの石田です。(時計修理オロロジャイオについて
今回はフランクミュラーのお時計に多い修理についてご紹介をいたします。

日本では人気のあるフランクミュラーですが、正規代理店は、国内正規販売店で購入をした時計以外は修理を受け付けません。そのため並行輸入店や、海外で購入をしたというユーザーさんから「修理ができず困っている」とご相談を受けることがよくあります。

そこで今回はフランクミュラーに多い修理と、当店が対応をしている修理についてご紹介をしていきます。

フランクミュラーに多い修理

フランクミュラーのオーバーホール

フランクミュラー特有のガラス割れ(風防割れ)

「風防が割れてしまったんですけど…」というお問い合わせをいただくことが多いサファイヤガラスの修理。
立体カーブのかかった樽型ガラスである為、通常の平らな丸や四角のガラスに比べると、直接衝撃をうけやすいことが原因と考えられます。

ガラス修理と作業料金

・ガラス料(部品業者に同じサイズの作り置きがある場合)
価格:¥30,000~¥50,000
・ガラスのオーダー作成料、またはスイス取り寄せ(時間もかかります。)
価格:¥50,000~¥100,000

ガラス粉の混入、衝撃による破損。

先に述べた、ガラス割れによる、ガラス粉の混入。また衝撃が加わったことで基本的にはオーバーホールが必須となります。

修理と作業料金

・オーバーホール基本料
価格:¥25,000~

ムーブメント部品の摩耗、破損

ベースはスイス製の機械ですが、特殊機能が追加されており、その機構部品は入手はできません。既存の部品を直して使用できるものに限り、対応させていただいております。

クロノグラフもフレデリックピゲ製ムーブメントの改良したものを搭載しております。

ムーブメント修理と作業料金

・技術料
価格:ご相談ください。

ステンレスベルトの修理

フランクミュラーのステンレスベルトはとにかく修理の相談が多いです。一か所を直しても、少しして他の部分が破損してしまったというケースがよくあります。(なるべく革ベルトをご利用いただくことをお薦めしています。)

ブレス修理(ベルト修理)と作業料金

・ブレス修理料
価格:5,000円~30,000円

オロロジャイオにご依頼いただく修理では、スタンダードなカサブランカを中心として、特殊な機能を搭載したモデルも多くご依頼いただいています。たとえば…

・3カ所の時刻が同時にわかるマスターバンカー
・ルーレットが文字盤ついたヴェガス
・時針が様々な位置にジャンプするクレイジーアワー
など

なお修理が可能か否かに関しては、そのお時計を見ていない状態ではお返事ができません。お時間をいただければお時計を拝見いたしまして、可能な範囲で修理をさせていただきます。

関連コンテンツ
フランクミュラーの修理やオーバーホール事例をご紹介

【時計修理専門店オロロジャイオ】

The following two tabs change content below.
石田

石田

所属:株式会社Altomare/担当:修理サービス アンティークウォッチから高級ブランド時計まで、腕時計の修理に関する情報をおとどけいたします。

関連記事

ブライトリングのオーバーホール時期なら! 並行品でも安く修理するコツ

パネライのオーバーホール、修理でよくあるご相談と対応料金。

お勧めのアンティーク時計 オールドインター(IWC)

時計のベルト交換や購入の注意と、おすすめの素材。

アンティークロレックスを日ロレでオーバーホールする際の注意

アンティークロレックス おすすめモデル。修理技師の観点でご紹介!