いつもご利用ありがとうございます!
時計買取専門店アンティグランデの村田です!

今回の記事は腕時計の復刻品をテーマにお届けいたします。

様々な時計ブランドで、過去に人気のあったモデルや最初期のモデルから着想を得たモデル、デザインを近づけた復刻モデルが登場しています。

オリジナルに忠実な復刻品の登場

最近では、アンティーク時計ブームもあってか、昔のモデルを忠実に再現した復刻モデルの登場が目立っています。本来は流通量が少なく手に入らないモデルが手に入るということもあり、そうした復刻モデルに対しても熱い視線が注がれています。

そこで今回は復刻モデルのリリースで話題の多いオメガに焦点をあて、復刻モデルの買取相場、そして復刻の元となったオリジナルモデルの買取相場をご紹介したいと思います。

オメガの買取相場。復刻版とオリジナル

シーマスター300

1950年代、ロレックスの自動巻上げ機構、当時としては性能の高い100防水ケース、回転ベゼルを備えたサブマリーナが登場。これに対抗し1957年にオメガが発表した時計が、防水性能200Mのシーマスター300であったと言われています。そのデザインや技術は初期のスピードマスターやレイルマスターにも反映されています。中古市場で出回ることは多くありません。

シーマスター300オリジナルモデル

CK2913

CK2913

2018年5月 買取相場:~ASK

参考定価:–

シーマスター300復刻、オマージュ

116500LN

1957トリロジー234.10.39.20.01.001 世界限定3,557本

2018年5月 買取相場:~550,000円

参考定価:810,000円

116500LN

233.32.41.21.01.001スペクター世界限定7,007本

2018年5月 買取相場:~830,000円

参考定価:810,000円

116500LN

233.30.41.21.01.001

2018年5月 買取相場:~360,000円

参考定価:712,800円

116500LN

233.90.41.21.03.001

2018年5月 買取相場:~450,000円

参考定価:972,000円

スピードマスター1st CK2915

1957年に登場した、スピードマスターのファーストモデルck2915。シーマスター300よりも後に開発されたもので、ブロードアローはシーマスターから受け継がれています。またこのファーストのみに見られる直にベゼルに刻まれたタキメーターが特徴的です。オリジナルモデルは個体数が非常に少なく、中古市場での流通はほぼありません。

スピードマスター1stオリジナルモデル

116500LN

CK2915

2018年5月 買取相場:~ASK

参考定価:–

スピードマスター1st復刻モデル

116500LN

1957 トリロジー311.10.39.30.01.001世界限定3,557本

2018年5月 買取相場:~650,000円

参考定価:831,600円

スピードマスター2nd CK2998

1959年登場のスピードマスターの第2世代モデル。初代モデルから針やベゼルの変更が見られます。個体数が少ない事に加え、その中で更にレアポイントを持つ個体が存在することもあり、アンティークオメガの中でも人気が高いモデルです。当時のNASA公式採用時計ではありませんが、初めて宇宙に出た腕時計とされています。

スピードマスター2ndオリジナルモデル

116500LN

CK2998

2018年5月 買取相場:~ASK

参考定価:–

スピードマスター2nd復刻モデル

116500LN

ムーンウォッチ311.63.40.30.02.001

2018年5月 買取相場:~850,000円

参考定価:1,944,000円

116500LN

ムーンウォッチ311.33.40.30.02.001世界限定2998本

2018年5月 買取相場:~600,000円

参考定価:702,000円

116500LN

ムーンウォッチ311.32.40.30.01.001

2018年5月 買取相場:~280,000円

参考定価:572,400円

116500LN

ムーンウォッチ311.32.40.30.02.001世界限定2,998本

2018年5月 買取相場:~ASK

参考定価:669,600円

スピードマスター アラスカプロジェクト

オメガは1969年、宇宙の過酷な気温変化に耐える時計の研究、アラスカプロジェクトを発足しました。
プロジェクトの中で数本の時計が誕生し、熱の変化から時計を守る大型ヒートシールドと、ホワイトのダイヤル、指している方向を明確に表す積算計の針(アポロ針)が共通の特徴となっています。復刻モデルは、アラスカプロジェクト2によって誕生した1972年のスピードマスターST 145.022が元になっているものと思われます。写真はプロトタイプとなるチタンケース(時計本体のケース素材)の5-003。

アラスカプロジェクト スピードマスターチタニウム オリジナルモデル

116500LN

5-003

2018年5月 買取相場:—-

参考定価:–

スピードマスター アラスカプロジェクト復刻モデル

116500LN

311.32.42.30.04.001世界限定1970本

2018年5月 買取相場:~1,250,000円

参考定価:620,000円

レイルマスター2914SC

1957年、鉄道員など磁場の影響を受ける環境ではたらく人をターゲットに登場した耐磁時計。初代スピードマスターと同様に、シーマスターから受け継がれたブロードアローやインデックスデザインが特徴的。

レイルマスターオリジナルモデル

116500LN

2914SC

2018年5月 買取相場:~ASK

参考定価:–

レイルマスター復刻モデル

116500LN

220.10.38.20.01.002世界限定3,557本

2018年5月 買取相場:~530,000円

参考定価:788,400円

スピードマスターマーク2

スピードマスタープロフェッショナルシリーズから1969年に派生したシリーズ。前年登場したスピードマスター5thと同様のムーブメントcal.861が、より防水性、堅牢性の高いケースに収められました。

スピードマスターマーク2オリジナルモデル

116500LN

145.014

2018年5月 買取相場:~200,000円

参考定価:–

スピードマスターマーク2復刻モデル

116500LN

327.10.43.50.01.001 (マットブラックダイアル)

2018年5月 買取相場:~310,000円

参考定価:669,600円

116500LN

327.10.43.50.06.001 (グレーダイアル)

2018年5月 買取相場:~340,000円

参考定価:669,600円

116500LN

327.20.43.50.01.001

2018年5月 買取相場:~580,000円

参考定価:1,231,200円

シーマスター600プロプロフ

1970年、オメガは深海作業を行うプロダイバーたちのために、高い水圧に耐える腕時計を発表しました。それがシーマスター プロフェッショナル 600 プロプロフです。9時位置の頑強なリューズガード、2時位置のベゼルロック、4時位置のヘリウムエスケープバルブが特徴的です。

シーマスター600プロプロフ オリジナルモデル

116500LN

166.077

2018年5月 買取相場:~ASK

参考定価:–

シーマスター600プロプロフ 復刻モデル

116500LN

224.32.55.21.01.001

2018年5月 買取相場:~450,000円

参考定価:1,026,000円

いかがでしたでしょうか?

今回掲載のオリジナルモデルは中古市場で流通がほぼないため、市場に出れば動きが大きく、相場としての掲載が難しいほど高額となっています。

一方で復刻モデルにおいても、1957トリロジーのマスターシリーズ3本、シーマスター300のスペクターモデル、アラスカプロジェクトといった限定生産の復刻モデルが高額で、一部に定価を超えるものもありました。

復刻モデルも大きく高騰する場合がある。

希少価値の高いオリジナルモデルが高額なのはうなずけることです。しかし復刻モデルであっても、相場が大きく高騰する可能性が高いということについては、意外に思われた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回のようにオリジナルでなくとも、希少性が高まるなどすれば相場は高騰します。

復刻モデルをお持ちのお客様。その時計も、もしかすると買取り相場が大きく高騰しているかもしれません。もし気になりましたら、ぜひ私どもアンティグランデにご相談ください!

The following two tabs change content below.
村田

村田

所属:株式会社Altomare/担当:買取サービス 主に腕時計の査定に関する情報をおとどけいたします。

関連記事

壊れたロレックスの買取はどの程度まで大丈夫なの??

ロレックスのシードゥエラー買取相場!歴代モデル特集!

ロレックス GMTマスター買取相場。赤青“ペプシ”特集!!

ペアウォッチ 40代、50代の方や夫婦におすすめの時計

ペアウォッチにおすすめのブランド時計。~30代、20代の方に~

デイトジャスト 買取相場 ~生産終了のメンズモデル編!~