アルハンブラ  ギョーシェ

ヴァン クリーフ&アーペルのアイコンとも呼べるアルハンブラ。最初の作品は1968年登場のアルハンブラ ロングネックレス。四つ葉のクローバーに着想を得て、メゾンのテーマである幸運を表現したもので、またクローバーの輪郭にあしらわれたゴールドビーズもこのころからの意匠でした。

ヴァン クリーフ&アーペル職人

発売からその人気はどんどん高まり、現在では世界中で愛されるジュエリーのひとつとなり、様々なアクセサリーが生み出され続けています。

アルハンブラ  ギョーシェ

2019年、このアルハンブラに、ギョーシェ彫りを取り入れた新たなコレクションが登場。その中に、新作の2つのスウィート アルハンブラ ウォッチがあります。

一つはレザーストラップのアルハンブラウォッチにギョーシェが施されたモデル。シンプルながら、ギヨシェ文字盤がファッションにアクセントを与えてくれそうです。
ストラップはケース本体から脱着が容易な仕様となっており、ストラップ交換を気軽にたのしめるように配慮されています。

スウィート アルハンブラ ウォッチ

もう一つは、クローバーモチーフが連続したアルハンブラウォッチにギョーシェが施されたモデル。それぞれのクローバーには、ゴールド、ダイヤ、ゴールドマザーオブパールが施された可愛らしい腕時計です。

スウィート アルハンブラ ブレスレット ウォッチ

アルハンブラ コレクションは“ハイジュエラーヴァン クリーフ&アーペル”の高い技術が反映されています。

情報元:vancleefarpels.com

The following two tabs change content below.

加藤浩二

時計買取専門店アンティグランデ WEBサイトの運用担当。 時計の相場や、新作など、お客様のお役にたてる情報を発信できるようこころがけております。

関連記事

トップガン マーヴェリックにてトムクルーズが着用したクロノグラフ

高級時計がレンタル感覚で購入できる!買戻し90%保証の期間を延長!

リシャールミル 厚さ1.75mmの「RM UP-01フェラーリ」発表。世界最薄の手巻き腕時計。

オーデマ・ピゲ ロイヤルオーク 「ジャンボ」 の変遷

2022年新作 オーデマ・ピゲ ロイヤルオーク エクストラシン 16202

ロレックス 廃盤予想2022