ロレックス 廃盤予想2023

ロレックスの廃盤予想。注目はキャリバー3100系の行方

1988年に登場したロレックスのキャリバー3100系のムーブメントは、多くの時計メーカーから個性的な自社製ムーブメントが出そろっている現在の性能基準においても尚、第一級の実用精度を誇る名機といえるでしょう。

キャリバー3131
画像:www.rolex.com

しかし現代のロングパワーリザーブ化の波の中、キャリバー3100系の48時間というパワーリザーブは、実用上全く問題のないものであるにもかかわらず、他社との比較対象とされることが多くなっていました。

2015年にロレックスは新世代のムーブメント、キャリバー3200系を発表、クロナジーエスケープメントをはじめとする新技術の導入によって、更なる精度安定性の向上と70時間のパワーリザーブを両立させました。

以来、順次キャリバー3200系への積み替えと共に各モデルの全面刷新が進められていますが、2023年にはどのような展開が待っているのか、注目が集まっています。

廃盤予想 ミルガウス Ref.116400GV

ミルガウスのモデルチェンジはあるのか?

廃盤予想 ミルガウス Ref.116400GV

2021年の時点で、キャリバー3100系を搭載していたのはミルガウスとそのコスメチェンジ版であったエアキング、そしてチェリーニを残すだけとなっていました。

そして2022年、エアキングが3200系のキャリバー3230を搭載、独自の意匠を与えられて全面刷新を果たしたと共に、チェリーニがムーンフェイズを除いて全て廃盤となりました。

強力なコンペティターであるはずのオメガが、ミル(=1,000)ガウスの15倍にあたる15,000ガウスの強力な磁場に耐えるマスター・コーアクシャルを発売してから2023年で丁度10年目、そろそろロレックス伝統の超耐磁時計、ミルガウスにも刷新が必要なはずなのです。

ミルガウス稲妻針
画像:www.rolex.com

超耐磁性能はチューダーで実現済み

2021年にロレックスの兄弟ブランドであるチューダーは、突如として初のマスタークロノメーター所得機、ブラックベイ セラミック Ref.79210CNUを発表、オメガ以外で初となるマスタークロノメーターの所得を、ロレックスではなく、チューダーで実現したことは、様々な面において話題を振りまきました。

15,000ガウスの磁場に耐えうる耐磁性能を、何故ミルガウスではなく、復刻時計のコレクションであるブラックベイに初めて与えたのでしょうか。

ロレックスはミルガウスがオメガと比較されることを良く思わないからでしょうか。

とするなら、ロレックスはミルガウスにはオメガの超耐磁性能を凌駕する性能を与える必要がある、と考えているのではないでしょうか。

キャリバー3100系と共に製造を終了

またはそのうち、ミルガウスはキャリバー3100系と共に製造を終了してしまうのかも知れません。

過去に作られたミルガウス、Ref.6541、Ref.1019は共にその特殊なキャラクターからか、生産数は限られていたようであり、また共に長い休眠期間を経て新型が発表された経緯があります。

ミルガウス1019

現行モデルのRef,116400GVについても、突然の生産終了もありうるのではないかと思えてなりません。

廃盤予想 デイトナ116500LN

2023年はコスモグラフ誕生から60年目の節目の年。
また近年、廃盤の噂話の常連になっているのがデイトナです。

廃盤予想 デイトナ116500LN

これは搭載するムーブメント、キャリバー4130が登場から既に20年以上経過しており、そろそろ新しいムーブメントが登場するタイミングなのでは?との理由を挙げる方が多いように見えます。

しかしロレックスならではの磁気や衝撃に強いパラクロムヒゲゼンマイやフリースプラングテンプ、垂直クラッチ式クロノグラフ機構に加えて72時間のパワーリザーブを備えるキャリバー4130は現在も尚、他社のクロノグラフムーブメントに対して見劣りするようなものとは思えず、現行モデルの116500LNは引き続いて圧倒的な支持を集めていることから、少なくともミルガウスとは事情が異なるのでは、と思えます。

キャリバー4130
画像:www.rolex.com

誕生50周年であった2013年には、新型ムーブメントと全面刷新されたスチール製のデイトナを期待するファンを尻目に、ロレックスは量産品として初となるプラチナ製モデル、Ref.116506をリリースしました。

プラチナデイトナ116506画像:www.rolex.com

サブマリーナでは50周年記念の2003年に初のグリーンのベゼルを採用した16610LVを発表しましたが、60周年にあたる2013年には何も無かったと記憶しています。

しかしデイトナが動くとなれば、それは時計業界最大のイベントを意味するだけに、期待せざるを得ませんね。

2023年1月現在、廃盤を見越した値動きは発生していない

2022年はミルガウスの廃盤が濃厚との見方から、市場価格が高騰してしまう現象が見られましたが、2023年1月の段階ではそういった動きはみられていません。

ミルガウス116400GVの価格推移
画像:kakaku.com

当店の販売サイトはこちら
ミルガウス販売価格 | セラーアンティグランデ

CEOが多弁で知られるジャン・フレデリック・デュフォー氏に代わって以来、多くを語ろうとしなかったロレックスが積極的なアピールを行うようになった、との印象を持っていますが、何かのついでに例外的な事前情報が出ないものでしょうか。

2023年もロレックスに注目せざるを得ません。

The following two tabs change content below.

加藤浩二

時計買取専門店アンティグランデ WEBサイトの運用担当。 時計の相場や、新作など、お客様のお役にたてる情報を発信できるようこころがけております。

    お持ちの腕時計を
    査定してみませんか?

    時計の査定でしたら是非ご相談ください! お電話(0120-55-1430)での査定も承っております!

    • あるない

    • 受取る受取らない

    関連記事

    ロレックス シードゥエラー ディープシー チャレンジ

    パテック・フィリップ カラトラバ96について ~カラトラバの系譜 その1~

    ロレックス、オメガ etc 2023年、卓上カレンダーをプレゼント!!

    オメガ スピードマスターの歩み

    セイコー 6139 スピードタイマー ~ 続・世界初の自動巻クロノグラフ

    世界初の自動巻クロノグラフ