ジラール・ペルゴ ロレアート

スイスの高級マニュファクチュールブランド『ジラール・ペルゴ』は、1975年にリリースした歴史的モデル「ロレアート」を完全なるフルコレクションとして蘇らせました。ファン待望の新生「ロレアート」は、4つのケースサイズと4種類のムーヴメントが用意され、2017年夏から中核コレクションとして販売されます。

ロレアート42mmモデル
ロレアート42mmモデル

クオーツ時計開発の先駆者的存在であるジラール・ペルゴは、1975年にクオーツムーヴメントを搭載したオリジナルモデル「ロレアート」を発表。八角形ベゼルとステンレススティールのブレスレット一体型のスタイリッシュなデザインは、世界中の愛好家たちを魅了し人気を博しました。
ロレアート トゥールビヨン
ロレアート トゥールビヨン

そして今回、4つのケースサイズ(45㎜・42㎜・38㎜・34㎜)と4種類のムーヴメントを揃えたバリエーション豊かなコレクションとなり、2017年に新生「ロレアート」として誕生しました。ケースにはステンレススティールやピンクゴールド、チタンなどを採用。八角形ベゼル・一体型ブレスレット・クルドパリ装飾の文字盤など、当時のデザインを継承しつつより洗練された印象に仕上がっています。複雑機構トゥールビヨンが搭載されたモデルも展開されるなど、ジラール・ペルゴ独自の新しい観点で進化し続けています。

 

情報元:PR TIMES / https://prtimes.jp/

The following two tabs change content below.

加藤浩二

時計買取専門店アンティグランデ WEBサイトの運用担当。 時計の相場や、新作など、お客様のお役にたてる情報を発信できるようこころがけております。

関連記事

トップガン マーヴェリックにてトムクルーズが着用したクロノグラフ

高級時計がレンタル感覚で購入できる!買戻し90%保証の期間を延長!

リシャールミル 厚さ1.75mmの「RM UP-01フェラーリ」発表。世界最薄の手巻き腕時計。

オーデマ・ピゲ ロイヤルオーク 「ジャンボ」 の変遷

2022年新作 オーデマ・ピゲ ロイヤルオーク エクストラシン 16202

ロレックス 廃盤予想2022